荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。小学生と未就園児の子供あり。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

【母が捨てるもの】中古の1戸建てを捨てることになりました。続1:工事費の見積もりがでました

解体業者さんとのやりとりを、病床の母がやってくれています。

ありがたいことです。

 

 

業者さんに工事費の見積もりを出してもらったと、母から連絡がきました。

 

 

 

<見積り内訳>

・木造平屋

・104平米

・1平米あたりの工事費8000円×104平米=¥832,000

・工事の養生費用 ¥60,000

・アンテナ除去費用 ¥30,000

(玄関前に昔からあった電信柱のようなもの。何のためのものかわからなかった。

 今回除去してもらうことになりました)

・土間のセメント除去 ¥30,000

・残物除去 ¥70,000

 

合計 ¥1,188,000(税込)

 

 

母からの電話で聞き取ったものなので簡易的なものです。合計額が合いません(笑)

 

 

「残物除去」というところですが、

弟家族が住んでいるときに使っていた家財道具や電化製品、実家に持ち込まなかった不要品がまだ家の中に残っていて

それを家の解体時に一緒に持って行ってくれるそうで

その費用になるということでした。

 

実家の自治体では、

粗大ごみは自分で集積場に持ち込まないといけないのですが

古い布団や、錆びた物干し竿、古い犬小屋など

乗用車には載せられないようなものがいくつかありました。

帰省するたびになんとかせねばーと思ってはいたのですが

トラックを借りてまでする時間はなく、いつもそのままだったのです。

でも、今回それも全部持って行ってもらえるということで

本当にありがたいなーと思いました。

 

 

 

さて、この解体費用は

高いんでしょうか?安いんでしょうか?

なんとなく100万くらいでできるのかな?(なんの根拠もありません)と思っていたのと、他の業者を見つけて合い見積もりをするパワーは私にも母にもありませんので

「これでお願いします」とお返事しました。

 

 

 

<今後の流れ>

業者さんが解体するために必要な書類を作成しているそうです。

それを記入したり、各所に提出したりという手続き関係がまずあって

然るべきところから許可が下りてから いざ解体!となると母から聞きました。

 

又聞きで、こんなあいまいな説明しかできず、申し訳ないです(汗

 

作成したり提出した書類は全部コピーしておいてーと業者さんにお願いしたようなので

年末に帰省したときに確認します。

 

 

肝心の解体の時期ですが、今年の12月半ば!

 

どうやら私が帰省したときには、すでに中古1戸建てはなくなってる予定です。

 

解体前の住居の写真は撮れそうなら撮っておくね、と言われたので

私は解体後の更地をここに記録することにします(笑)

 

 

 

<家の保険の解約を忘れずに>

母が、家を解体することで

中古1戸建ての火災保険を月4000円支払っているのを思い出しました。

解約することを忘れないこと、そして

支払っていた額をそのまま固定資産税用に貯めておこうと話しておりました。

 

¥4,000/月 × 12か月 = ¥48,000/年 は大きいよね。

 

 

 

 

また、続報が入りましたら ここに記録します。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村