荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。小学生と未就園児の子供あり。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

【実家片付け 2019年3月】父親の靴を捨てる(父への愚痴も少々)

3月こどもたちの春休みを利用して実家に帰省し片付け&掃除をした記録。

今回で最後です。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

2018年の年末の帰省のときに靴箱の掃除&片付けをしました。

 

【実家片付け~2018年の年末帰省の片付け~】玄関靴箱の片付け

 

父親の冠婚葬祭用の靴がぼろぼろになっているのを発見し、

「新しいの買ったほうがいいよー」と両親に声をかけた2週間後、知人の葬儀の知らせが入り、父は急いで買いに走ったそうです。

 

前もって声をかけておいてよかった。

片付けをしていなかったら、葬儀に行くために靴を履く段階で初めて靴の劣化に気づいて相当慌てたと思います。

(父の性格なら一人不機嫌になって母に当たり散らしてたかな)

 

父のことだから、新しい靴を買っても古い方は捨てていないだろうなと思っていたら、案の定靴箱の中に残ったままでした。

 

上からみるとそうでもないですが

f:id:ushio-salt:20190603095429j:plain

 底面はボロボロです。

f:id:ushio-salt:20190603095448j:plain

これ履いて歩いたら、歩くたびにポロポロ取れてきそうですね…

 

3月の帰省で無事に捨てることができ、今は靴箱の中には必要なものしか入っていません。

一安心です。

 

 

ここからは父への愚痴でマイナスオーラ満載なので、気分を害する方はどうぞおもどり下さい。笑

 

 

 

 

 

さて。

父は、昔から片付けのできない人です。

出したら出しっぱなし。

リビングに自分のものを広げて片付けないので、

実家のきれい好きチームの母と私が

「自分の部屋に持って行ってよ!」といつもグチグチと言い、

父は不機嫌そうに片付けたり または不機嫌になって片付けない。

(どちらにせよ不機嫌になって家族に当たる笑)

 

 

キレイな部屋ですごしたい私や母は休みの日に片付けるのですが、

父は一切かかわることなく、

「家族が片付け始めると外にでかけ(遊びに行く)、

 家が片付いたころに帰ってくる」

というのが、実家の定説です。今もなお、その定説は続いております。

 

 

いま、実家は、何年もかけて片付けたおかげでモノがずいぶん減ってきました。

週1回きてくださる訪問看護師さんや、定期的に来て下さるシルバーさんに、

「いつも片付いてますよね」と言われるそう。

 

まだまだモノはありますが、9割は必要なモノです。

(残り1割は判断に迷って保留のモノや父親のモノ)

床面が見える範囲が広いと、片付いているように見えるようです。

不要なものがないとシルバーさんも掃除しやすいと思います。

f:id:ushio-salt:20190603100841j:plain

シルバーさんがワックスをかけてくださるので、ピカピカです。

 

弟たちが住んでいたときに使っていた2階の部屋3つも、GWでだいたい片付きました。

 

【実家片付け~2019年GW~】弟家族が引っ越したあとの部屋を片付けてまいりました。

 

2階の和室は、甥っ子のおもちゃや机、弟家族の荷物が少し残っているけれど

すぐ持ち出せるようにまとめました。

f:id:ushio-salt:20190603101609j:plain

2階の8畳の洋間は、サッシのカビ取りが不完全ですが、不要なモノは一切ありません。

ベッドも捨てる予定。

f:id:ushio-salt:20190505114837j:plain

ごめんなさい、なぜかこの画像だけ小さくなりません汗

 

この隣の6畳の洋間は洗濯干し場として使っていましたが、

母の婚礼ダンスが2竿(着物箪笥・洋服用箪笥)と、

家じゅうから集めた写真が整理待ちで鎮座しているくらい。(←はやくここにたどり着きたい)

 

着物は母が

「おばあちゃん(母にとっての母)がお金のないときに作ってくれたものばかりだからまだ捨てる気持ちになれない」

と言い、今の母の生活の邪魔になるものではないので置いています。

洋服箪笥には、父と母の冠婚葬祭用の衣類のみ。とてもすっきりしています。

(画像を取り忘れているので、次回の帰省で撮ってきます)

 

 

実家で片付いていない部屋は、あと一部屋。

父の部屋なのですよ。

実家の最後の魔窟です

 

定期的に掃除に来ていただいているシルバーさんも出入り禁止。(父が拒否します)

私が年末で帰省すると「わしの部屋も大掃除するか」とゴミ袋1袋分くらい捨てたり掃除機をかけたりしていますが、それ以外で掃除機をかけるのを見たことがない気まぐれっぷり。

 

ドアが開いていてちらりと部屋の中をみたことがありますが、

部屋の電灯のカバーがなぜか片方落ちているし(たぶん電球が切れてやり直そうとした)、床はモノが散乱してるし、趣味の釣り道具が増えているし、昼間なのにカーテン閉めっぱなしだし…(母曰く、窓をあけたのを見たことが無いと)

 

よくそんな部屋で寝起きできるな!( ゚Д゚)

と思うのですが、

「モノが多い方が落ち着くんじゃ!」(片付けられない人の言葉あるあるですね)

と言います。

その割にはモノのないリビングでのびのびしとるやないかい、自分の部屋にもテレビあるんだからその”落ち着く”自分の部屋でゆっくりしたらええやん!( ゚Д゚) と心の中ではいつもどついてますよ。

 

布団もまったく干していないので、きっとほこりやカビやダニだらけのはず。

父は花粉やハウスダストアレルギーがあるのですが、そういう部屋にいるせいか、父は年中いつでも鼻の調子が悪いです。

 

あぁ、あの窓サッシがカビだらけの洋間に寝ていた弟家族全員もいつも鼻が悪くてゴホゴホセキもしていました…

 

 

私が父親の部屋の片付けを申し出た時には「いい。自分でやる。」と拒否されます。

一度だけ、家の洗濯用のハンガーポールを父の部屋に移動した時だけ片付け&掃除ができたかな…おそらく10年前。

父がなくなるまで父の部屋は放置、というのはどうしても避けたいところ。

 

GWに帰省して片付けた時に父が「さいが帰ってくると家がきれいなるな」と喜んでいたようなので、

父が「部屋をきれいにすると気持ちがいい」という感情を理解できるようになってくれないかな?と

淡い期待を抱いています。

 

淡いので淡いまま期待が消えてしまうかもしれませんけどね…(ノД`)・゜・。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村