荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。小学生と園児の子供の4人家族。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

【こどもと片付け】小5長女の変化 と 買取に出したもの

片付け祭り、続いています。

 

今年で終わるか不安になってまいりました。

(特に写真と子どもの作品ね…(´Д⊂ヽ)

 

そんな中、長女に少し変化が見られたので記録しておきたいと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

先日、とあることで表彰していただいた長女。

副賞で、文房具をいただきました。

 

今流行のタイプで、

長女自身も「こういうの欲しい!買って!」

と言っていたことがありました。

 

これじゃないですが、こういうタイプのものです⇓

 

いま長女の所有するペンケースは、

自分の好きなキャラクターのペンケースを学校用に1つ、

今年のお正月に親戚からいただいたペンケースを自宅用&塾用に1つ、

合計2つ。

さらにもうひとつ

子ども会の景品でいただいたペンケースが全然稼働していなかったので

いま私がPTAのお仕事用にもらって使っています。

 

自立型のペンケースを欲しがった時

「今使ってるのがあるから買わないよ。

欲しいんだったら自分のお小遣いで買ってね。」

と対応しました。

 

さて。

いざ「欲しい!」と言っていたペンケース(しかも結構自分の好みの柄)を手にしてみて、どうなったか。

 

 

今使っているものも捨てずに新しいものもキープ。

あるいは、

親戚からいただいたペンケースのキャラクターが最近はそれほど好きではないと話していたので、それと入れ替える。

 

そんなことを、今までの長女の行動から想定していましたが

 

「これ、売る」と、

親の想定外の反応となりました。

 

 

好きな形、好きな柄、使ってみたかった自立型。

でも、

自立型は消しゴムや短くなった鉛筆が取り出しにくそう。

それに、

今使っている学校用のペンケースが一番好きなキャラクターで使いやすい。

塾用のペンケースも充分使いやすい。

 

だから、新品のペンケースは売って、

売ったお金を自分のお小遣いにしたい。

 

そういう考えになったようです。

 

 

「使わないものは手放す」

「モノで持つより、お金で持つ」

という私の行動に 少なからず影響を受けている気がします。

 

 

売りに行きましたところ「250円」というお値段がつきました。

f:id:ushio-salt:20191212115740j:plain

長女のお小遣いにします。

 

売ったペンケースは私も好みの柄だったので

「お母さんにちょうだい。それで、いまPTAで使ってるペンケースを捨てようよ(´▽`)」

と提案しましたら、

「それはダメ」と却下されました(´Д⊂ヽ 所有者は長女なのでしょうがない…

 

 

さらにさらに。

先日、学校行事の写真を購入申し込みの用紙を持ち帰ったのですが

「写真、1枚も要らないよ。

 あんまりよく映ってなかったし、もう写真とかいいかなって。

 行事のDVDもこれからは買わなくていいかなって。」

と長女。

 

うそーーーー!

いままでは写真とかDVDとか絶対買う派だったのにーーー?!

何回も見て楽しんでたのにーーーー??!

 

今回はオーディションで勝ち取った役だったそうで

さすがに1枚もないのはちょっと…と親の方が思ってしまい

2枚ほど購入しました。

 

ミニマリストの道に進むのかしら??(´▽`)ワクワク

なんて思いましたが、

思春期に突入して

「自分の写真とかいらんし( ゚Д゚)」

みたいな状況になっただけかもしれませんね(´▽`)アハハ

 

 

長女の文房具を売りに行くついでに、

ずっと我が家で聴いていたCD1枚を売ってみました。

長女の幼少時から何回リピートしたか数えられないくらい。

f:id:ushio-salt:20191212120811j:plain

汚れとキズがひどかったので減点されましたが

想像以上のお値段でした。

100円超えないと思っていました。

家計の足しにします(少額だけどこどもたちのおやつ代には充分な額)。

 

「新品でも使わないものは手放す」

「役目を終えたものは手放す」

 

使わないで自分の家でずっと眠らせておくのではなく、

「次に使ってもらえる人へと巡らせる」

「使ってもらえる場所に届ける」のは

”モノを大切にする方法のひとつ”なんだよ

と子どもたちに伝えていきたいです。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村