荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。小学生と園児の子供の4人家族。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

コロナなのか?ちがうのか?翻弄された1週間でした。

2月最後の連休中、次女が体調を崩していました。

 

23日(日)発熱

朝から鼻水が出ていて「お腹がいたい」とたびたびトイレにいく。

でも出るのは下痢ではなく、ふつうのがコロコロと。

便秘で痛いの?おなかの風邪?

熱を測ると37℃代の微熱。

 

こりゃ風邪かなーと思っているとみるみる38.6℃まで上昇。

 

長女の学校では数日前までインフルで学級閉鎖をしていたし、
次女の園でもインフルがちらほら出ていたので


「あーインフルだなーきっと。

 12時間以48時間以内に検査と処方をしてもらうから、病院は明日だな。

 明日は祝日だから夫に休日診療まで連れってってもらおう…」

 

といろいろ頭の中で算段していました。

 

 

本人は38℃越えの熱を出しているようには思えないほど

「おそとでなわとびしたい!ヽ(´▽`)ノ」

と言い、とっても元気。

 

 

2月24日(祝)休日診療所でインフル検査

祝日の月曜日に休日診療で検査してもらったところインフルエンザは陰性。

 

お腹は痛いというものの下痢はなくふつうのが出ている。

セキはときどき。

鼻水もあるけど多くなく、1月頭まで通っていた耳鼻科の薬が少し残っているのでそれを内服しておこうかな。

(次女は長いこと中耳炎の治療をしていたので、鼻水が出てるときはあらためて耳鼻科で診察してもらいたい)

本人は特につらさはなく、相変わらず元気。

じゃあ薬も要りません、と帰宅しました。

 

 

昼過ぎには36度代まで解熱して、

「よかったねー明日園に行けるねー」

とほっと一安心。

・・・・

・・・したのもつかの間。

それから、少しずつうんちがやわらかくなってきました。

始終きげんよく遊んでいるけど、ふとお腹が痛くなってトイレにかけこむというのを何度か繰り返していました。

 

 

2月25日(火)再び発熱

朝から鼻水、鼻づまりがあり37℃代の発熱。

時々セキが出て、

お腹の痛さは、聞けばあるという。

朝から2度やわからいうんちが出て、すこしオレンジ色っぽい。

 

園はお休みし、かかりつけ医へ受診。

いつも風邪をひいたときにもらう薬(抗アレルギー薬など)に加え、整腸剤を処方してもらいました。


次女本人は相変わらず元気いっぱいで遊んでいる。

 

熱は38.6℃まで上昇したけれどまた徐々に解熱して寝る前には37.1℃まで。

翌日には熱が下がってほしい…

 

 

26日(水)微熱が続く

起床時の熱は37.8℃。

セキはときどき、鼻づまりと鼻水は引き続き。

起きてすぐトイレに行き、出血混じりのピンポン玉大のうんちが出たあと、

もう一度トイレで多めのドロドロ系が出る。

 

なんだろう?なんの熱だろう?

 

ふと

「そういえば1週間前の2/14~16、夫が北海道に行ったな」

と。

 

そのころ北海道でのコロナウィルス陽性患者数が増えて道知事が休校を要請したというニュースが流れていて、

 

もしかして、夫、コロナウィルスに感染していないか?

夫が無症状感染

   ↓

次女に感染、発症

なんてことはないだろうか?

 

と不安に思うようになりました。

 

 

でもコロナはセキと発熱だけじゃないの?

 

「コロナ 症状 下痢」で検索すると、

下痢症状が出ている人もいた。

 

(ネットのニュース配信からもテレビの情報からも、コロナに下痢症状があるということが私には伝わってきていませんでした。検索をかけると、下痢症状のある人のニュースにたどり着いたという有り様。)

 

 

これは…これは…念のために相談センターに電話したほうがいかもしれない。

 

熱は37.5℃前後をウロウロ。

たびたびトイレにかけこむということはなくなってきた。

 

 

相談する条件が、

・4日以上37.5℃を超える発熱が続いた場合

とあったので、

翌日の27日も熱が続いていたら電話をすることにしました。

 

 

 

2月27日(木)微熱継続 相談センターに連絡する

起床時37.1℃の微熱。

セキは時々、鼻水、鼻づまりは同様にある。

腹痛は、聞けばあるといい、

起床後ふつうのうんち少量が2回と朝食後にやわらかめのうんちがたっぷり。

 

園にお休みの電話をした際、

「コロナを疑っています。このあと相談センターに電話をします」

と報告。

先生からは

検査が必要で病院に受診することになったときには園に連絡をください、

ということでした。

 

 

自治体の相談センターに電話をするとすぐにつながり、

これまでの経過と、夫が3日間北海道に行っていたことを伝えました。

 

保健師さんからは

・かかりつけ医からもらった処方薬の名前

・さっぽろ雪まつりに行ったかどうか

 →雪まつりには行っていない。

  旭川、紋別に行き、新千歳空港で飛行機に乗って往復した。

を確認され、

検査が必要かどうかを検討してあらためて連絡し直すという説明を受け、

一度電話を切りました。

 

 

 

40分後、さきほどとは違う保健師さんから電話がかかってきて

・夫に何か症状があるか

 →なにもない。

・次女の熱は解熱傾向か、症状は軽快傾向か

 →解熱傾向、すべての症状が軽快傾向

ということをあらためて確認されました。

 

その結果、

 

・症状がよくならない、あるいはひどくなってきている場合が検査対象となる

 =次女は検査対象ではない

 

という回答で、

 

・家族全員、マスク着用、手洗いうがいを励行する

・症状がなくなるまでは自宅安静、外には出歩かない

・症状がすべてなくなってから登園する

 

というアドバイスをもらいました。

 

 

 

 

今回のコロナウィルスの厄介なところは、

・感染した場合、風邪と似たような症状で

 感染したと気づかずにそのまま治ってしまうこともある

・感染しても無症状でも陽性反応がある

ということ。

 

 

ただの風邪なのか?コロナなのか?

検査をしなれば判定できないということ。

 

 

検査してほしかった!というわけでもないのです。

 

次女は症状も軽く、だんだん軽快してはいたので「検査の対象ではない」ということには納得していました。

 

検査して陽性と判明したところで治療方法はなく、

自宅で安静にして自分のもつ免疫力で戦うしかないわけで。

 

 

ただ、もしコロナだったら

 

家族以外の誰かにうつしていないか?
(休日診療所やかかりつけ医に行ったことで誰かにうつしてないか?電話をしてから行くべきだったのか?)


家族の誰かがうつっていないか?
(長女は無症状感染していないか?長女が学校に行くことは大丈夫なのか?)


次女が発熱している間、そんなことが常に頭の中でぐるぐるしていて、不安でした。

 

 

また、

インフルだったら5日間程度がんばって感染対策(マスク・部屋の隔離・処置毎の手洗いなど)をしていればよいわけですが、


コロナは症状がなくなるまでなので

次女の微熱(37.0℃前後)、鼻水、やわらかうんちが続いているあいだ

いつまで続くのか…いつまで感染対策を続けるのか(いや治るまでなんだけど)と

先が見えないことで疲れてきてしまいました。

 

手洗いしまくりで、手がガッサガサになりましたよ…

排泄物からも感染するという情報を見てお風呂も最後に入らせないといけないかなとか湯舟には一緒につからないほうがいいかなとか考えましたし、

次女が触った場所を全部アルコールで消毒して歩いたので、消毒液の消費がハンパなかったです…

 

そして、専門家によって見解が違うことが困る!

正しい情報は何なの?と振り回される~(´Д⊂ヽ

 

 

次女の症状は、

コロナウィルスのことがなければ

 

「おなかの風邪かな?熱が下がって、下痢が治ったら園にいけるね。

(アレルギー性鼻炎持ちなので多少の鼻水では休ませない)」

 

で、すませていたと思います。

 

 

次女が発熱する前の1週間は人混みにいくこともなく

園と家の往復だけだったので、

発熱の1週間前に夫が北海道に行っていなければ

コロナウイルスでは?と疑うこともなかったでしょう。

(北海道の人を差別しているわけではありません。空港でウイルスに感染している可能性がゼロではないなと思いました。)

 

 

ただの風邪なの?

コロナなの?

なんで夫はこの時期に北海道行くの?

と、モヤモヤモヤモヤモヤモヤ。

 

ホントに疲れました。

 

 

 

やめたこと、やったこと

コロナの情報を仕入れようと、普段ほとんど見ない情報番組を観ていたら

どんどん不安な気持ちが大きくなってきて

「こりゃダメだ。私の免疫が低下する!」

と思い、テレビを見るのを止めました。

 

*Eテレの手話ニュースは情報が端的でわかりやすいので

 21時前の手話ニュースだけ見ていました。

 

ネットのニュース配信も、

延々とコロナ関連の情報を検索するのをやめ

必要最低限にしました。

 

そのかわりに、

・普段通りの栄養バランスの取れた食事をつくる

・家の掃除をする

・朝4時半起床してブログ更新していたのをやめて、朝食を作る時間までたっぷり寝る

・日中は次女とよく遊ぶ ゆっくりする

ということを心がけました。

 

 

免疫力をあげるしかないわけですもんね。

 

 

 

おかげさまで、

次女はピッカピカに元気になり

本日無事登園することができました。

 

 

結局、次女はコロナだったのかそうでないのかは不明なままです。

 

症状のない人も陽性反応が出る、

陰性になったあとにまた陽性がでる、

そんななんだかよくわからないウィルスなので不安にさいなまれましたが、

 

私たちができることは

 

手洗いうがい、マスク使用(必要ないという意見も出てきてますね)で体内へのウイルス侵入を防ぐ、

 

食事や休息を充分とることで心身を健康に保つ(免疫力をあげる)、

 

熱や風邪症状があれば休む(ウイルスを拡散しない)

 

ということなんだなと思いました。

 

 

 

 

どうか、どうか事態が収束に向かいますように。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村