荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。小学生と未就園児の子供あり。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

体調不良にて「モヤモヤ」と「感謝」のはざまで過ごす。

大人数のご来客の数日後からのどの異変が続いておりました。

*参考記事*

大人数の訪問でも慌てることなくお迎えできたという事実。

 

それでも他の熱や鼻水といった症状はなく

乾燥のせい?と

のど飴やトローチで対処療法しつつ

だましだまし過ごしておりましたが

 

長女の誕生日祝いの外食でバイキングを食べに行った後から

本格的に体調を崩し

17日(日)は39度近い発熱で1日寝込んでおりました。

f:id:ushio-salt:20191119104842j:plain

空気清浄機&ほうじ茶&体温計をそばに、布団の中から撮影。

 

今回は寝込んでいた日の私の感情の揺れ動きを記してみただけの

片付けとは何の関係もない

いつもにもまして駄文(しかも長文)でございます。

お暇な方はおつきあいを。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

粗食で小食くらいが自分の身体にはちょうどいいとわかってきたので

バイキングに行っても最近は食べ過ぎないようにしていたのですが、

今回は最初の量を少なくしすぎたせいか

「もうちょっと食べれるな」とか

「普段食べないものを食べておこう」とちょこちょこ追加し

結果いつもより食べ過ぎてしまいました。

そして、体調を崩す…というトホホな結末に。

 

長女の誕生日、次女の誕生日、クリスマス、正月…と

ここからの2か月でいつも体調不良と体重増加と

毎年毎年同じことを繰り返しているのに

またやったんかい!ヽ(`Д´)ノと

布団の中で自分に腹が立つ

 

 

17日の朝はまだ37度台だったので

朝食準備と片付けと洗濯はなんとか済ませたけど

昼ご飯の準備を含めた1週間分の買い出しはムリそう…

(寒気・だるさ・全身の痛み・ひどい頭痛)

と和室で横たわっていたら

「買い出し行ってこようか?」と夫。

 

ありがとう!お願いする!

体調が悪くなったのが休日でよかった!感謝!

 

おつかいは2軒。

 

<ドラッグストア>

・焼くだけのピザ 人数分

・千切り野菜が袋に入ったやつ

  夫と子ども2人の昼食にする(私は欲しくなかったので不要)

 

<スーパー>

・週明けのお弁当で使うブロッコリーとミニトマトと毎日食べるトマト

 

 

こどもたちもついていく!というので3人でおつかいへ。

 

帰宅したら

「トマト1個200円って高くない?買わんかった。

 あとブロッコリーも高いから半分にカットしたやつにした。」

と。

 

1個200円は確かに高い…でもトマト食べるんだよ…

トマトないと長女がクレーム言うんだよ…

あなたの大好きな車よりはぜんぜん安いんだから買ってきてくれよ…

とモヤモヤ。

 

その後、夫がピザを焼いて昼食に。

 

夫「トースターにピザ1枚入らないんだけど」

長女「お母さんはいつもピザ切って入れて焼いてるよ」

夫「えーー??(面倒そう)」

 

ああ、なんか悪戦苦闘してんな…まぁいいさたまには苦労したら…

と思いながらウトウトしていたら

いつのまにか昼食が終わったようで

次女の「おかーーさーーーん、おかしたべていい??」という声で目が覚める。

 

「おひるごはんのお野菜全部食べたら、おかし食べていいよ」と伝え、

ハッと気づいて

「長女の昼の薬忘れないで―――」と叫ぶ私。

 

「えええーーー??」という夫と長女のメンドウくさそうな声。

必要な薬だから処方されてるんだ!文句言わず飲めーーーー!とイラっ。

 

漢方薬なのでお湯でとかしたあとに

苦みをココアと牛乳でごまかすというやり方で飲んでいるのですが、

やれお湯をわかせ、

どれくらいお湯を入れるか、

どれくらいココアを入れるか、

どれくらい牛乳をいれるか、

で夫と長女で大騒動。

 

いつも私がやってることを全然見ていないのだな…

いや、これは私が教えないからいけないのか?

いや、教えても長女は絶対覚えようとしないし、教わることを嫌がるぞ?

どうするべきだったんだ? とモヤモヤ。

 

なんとか薬は飲めたようで

みんなでお菓子をつまんでTV鑑賞タイム。

 

その間に、トイレに行くタイミングで

夕食に何を食べてもらうか納戸を確認して

レトルトのカレーを食べてもらおうとテーブルに出し

f:id:ushio-salt:20191119104548j:plain

炊飯器にご飯のセットをして再び布団へ。

 

布団の中で、

 

炊飯器に白米をセットするのは長女と夫はできるんだからやってもらえばよかった。

でも、「やって」っていうと絶対2人とも

「えーーー??」ってイヤな顔するんだよな。

あの「えーーーー??(イヤな顔)」ってこっちはすごく傷つくんだよ…

 

とモヤモヤ。

 

でも、自分たちで昼食を食べてくれたし

食器を洗ったりゴミを捨てたりの片付けは全部きちんとできていたから

ありがたいといえばありがたいよなぁ

 

と感謝の気持ちにもなる。

 

 

TVを観終わりトイレに立った長女に「夜はカレーを食べてね」と言うと

夫に伝えたようで、

夫が

「トマトを買いに、ちがうスーパーに行ってくる。

 ついでに夕食も外で食べてくる。」

と3人で再びおでかけ。

 

わかった、いってらっしゃい。

と言ったものの、

 

ああ、せっかく力をふりしぼって夕食の準備したのに…

昼食のピザで夫は調理&片付けに懲りたのか…

夕食を外で食べるっていうけど、そのお金は家計から出してるから

家計管理してる私は全然うれしくないし…

 

とモヤモヤ。

 

と思いつつも、

 

静まり返った家の中で夕方までぐっすり眠れたので

 

夫がこども2人をつれて出てくれるだけでもありがたい…と感謝。

 

そして、

「今からトマト買うけど、何か食べたいものある?買って帰ろうか?」

電話をくれた夫に感謝。

 

その後なかなか帰宅しないので

明日学校なのに…

早く帰らないと夕食後の薬とお風呂がまだなのに…

とイライラ。

 

20時前に帰宅したところで

次女がトイレにかけこんだけど間に合わず

トイレがおしっこだらけに。

お店でトイレに行ってから帰ってきたらよかったのに…とイラっ。

 

こどもだけ車からおりてきて

夫は車の片付けをしているようでなかなか部屋に戻らないので、

私はフラフラしながら次女の服を脱がせて

とりあえずお風呂場へ連れて行ったけれど

まだ39度近い熱があったので

もう後は夫にまかせることにして自分は布団へ。

その後もなかなか帰ってこない夫に

次女まで風邪ひいてしまうーーー!早く帰ってこーーーい!とイライラ。

 

 

ようやく帰宅した夫が惨状をみて

「えーー??間に合わなかったん?」と一言。

 

お風呂で裸で待つ次女に

「なんで間に合わなかったん?」

とお怒りモードでブツブツ言うので

「次女が風邪ひくからとにかく早くお風呂に入ってーーー」と叫ぶ。(イラっ)

 

その後もゆっくりゆっくり準備している夫と長女にイライラ。

 

お風呂からあがったあとにトイレをみて

「え??おしっこ拭いてないやん??」

とびっくりしている夫に

いや、私いま片付けるの無理やし。夫がしないで誰がすんの。

とイラっ。

 

 

なんとか薬も飲んで就寝できたので

ああ、とりあえず1日にやらないといけないことは全部できてよかった…

と感謝。

 

 

 

 

 

翌朝の月曜日は完全に36度台まで解熱。

でも腰が痛くて(たぶん寝過ぎで笑)動作は緩慢、

朝食は作ったけれど夫のお弁当はパスし

食事の片付けも夫におまかせしました。感謝。

 

その後なんとか準備をし、次女の園に送り、

そのまま自分の病院に行こうと思ったらスマホを忘れたことに気づき

一旦家に戻る。

 

回し終えた洗濯物を干す。

布団を片付け、ついでに自分の布団のシーツと布団カバーも洗う(2回目洗濯)。

丸1日誰も片づけをしていなかったリビング・ダイニング・和室のモノを

元の場所に戻し、掃除機をすべてかけてホコリをとる。

 

病原菌を外に追い出すべく窓という窓をすべて開け放ち、

その間にルーチンの玄関掃除とトイレ掃除を終わらせる。

 

このあたりで

身体も気持ちも、すっきりさっぱり。

 

夕食の献立を考えてお肉を冷蔵庫に移して解凍しはじめる。

夕食の白米を炊飯器にセット、予約ボタンを押す。

 

洗い終わったシーツとカバーを干す。

 

週末だけでたまってしまった段ボールをまとめて、

資源ごみ回収に出しにいくついでに、

どうしても必要なモノだけ買い出しに行き、

そのまま内科へ受診。

 

いつもより1時間遅めに来院したら人が少なくて

すぐ診てもらえてラッキー。

 

「熱が1日で下がったということと症状が特にないということだから

 お薬は出さないでおくよ。

 熱と黄色いタンが3日続いたら肺炎を疑うから早めに来てね。」

ということでいつもの喘息のお薬だけいただく。

(1か月の定期受診日の前日に熱が出てラッキー)

 

病院近くのMUJIでどうしても買いたかったものだけパパっと買って帰宅。

(買ったものはまた別記事にします)

 

軽く昼食を食べ、

次女の園の提出書類を書きあげ、

夕食の支度をし完成させて

次女の園にお迎えに行く。

 

迎えに行くまでに、やらないといけないことが全部できて、

ああ、1日で熱が下がって感謝!

健康な自分の身体に感謝!ヽ(´▽`)ノ

 

 

帰宅した次女の箸セットを洗おうとしたら

次女の給食がカレーだったことを知り

 

「ああ、昨日の夜 カレーじゃなくてよかった…」

となんとも言えない気分に。笑

 

人間万事塞翁が馬 ってこういうことか??違うか笑

 

 

そして

夫がいつもより早く帰宅したくれたことにも感謝。

 

 

 

<今回の教訓>

・とにかく健康第一

(家族が動いてくれないことよりも、自分自身が動けない方がストレスになるタイプ)

・腹八分目、暴飲暴食はやめる

・家族が1日何事もなく無事に過ごせたことに感謝

(あれができてない等こまかいことはあるけれど死んでないならとりあえずなんとかなる)

 

 

余談ですが、

実母と祖母が「10人もお客が来たらさすがにしんどいでー」と話していたそうで

今回の私の体調不良を聞いた母が

それは【お客様疲れ】ではないかと結論付けました笑

 

でもさ、

おばあちゃんは長男の嫁で、

他県の親族が何人も葬式や法事で泊まりに来た時には

前夜の夕食(もちろんほぼ宴会状態)、お風呂、寝床の支度(何日も前からシーツの洗濯・糊付け・布団干し)、当日の朝食、法事の準備と段取り、帰宅後の布団の管理も

全部1人でやってたわけでしょう?

おばあちゃんからしたら全然大変じゃないよ?

私なんて今回はお茶菓子とお茶を準備して夕食のお店を予約しただけよ?

と言うと、

 

「いや、うちの血筋の人って

 ”大人数が家に来る”という事実だけでしんどいでしょ?」

と母。

 

そう。

祖母も実母も私も、人付き合いが苦手な方なんです。

「ちゃんとしなきゃ」の意識が強くて真面目なので

人並にご近所付き合いも社会活動もちゃんとやりますが

苦手なものをちゃんとやろうとするために

ものすごい疲れるのです。

 

そのことをわかっているので、

親戚一同の食事&宿泊をずっと仕切ってきた祖母でさえ

「さいちゃんは今回大変だっただろうねぇ」と話したそうなのです。

 

同じ特性の人間が身近にいて

大変さを理解してもらえるって

ありがたいなぁと思いました。

(夫はまったく違う特性なのでこういうの理解しがたいだろうなぁ…)

 

 

お客様を迎える前後、夫実家に帰省する前後は

できるだけゆったり過ごせるように

自分の予定を調整したいです。

これも教訓だな。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村