荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。小学生と園児の子供の4人家族。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

不要なものを捨て、家をキレイにすると幸運が舞い込むのか。の続き。

昨日の不要なものを捨て、家をキレイにすると幸運が舞い込むのか。

の記事を読んでいて、

「やっぱり不要なものを捨て、家をキレイにすると幸運が舞い込んでるな」

と気づきました。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

 

記事の中の、私が「ラッキー!」と思った点をあらためてピックアップしてみます。

 

 

 

ラッキー① 

すぐに対応してもらえないと思っていた給湯器の修理業者が、電話して2時間以内に訪問

 

ラッキー②

業者訪問時ちょうど帰宅した時だった(入れ違いにならずにすんだ)

 

ラッキー③

 部屋中の掃除を毎日かかさずしていたので焦ることなく業者を部屋に入れることができた。

 

 

 

 ラッキー④

追い焚き機能付きの新しい給湯器へ交換してもらえることになった

 

ラッキー⑤

工事の下見の日もすぐ決まった

 

ラッキー⑥

浴室・脱衣洗面所は掃除したばかりなのでいつ誰がきてもいい状態

 

 

ラッキー⑦

お湯が出なくなったのが真冬じゃなくてよかった

 

 

 ラッキー⓼

工事着工までちゃんと使えるように応急処置をすぐしてもらえた

 

 

ラッキー⑨

夫のストックがあったので、あらためて買い出しに行かなくても修理してくださった方へ飲み物を出せた

 

ラッキー⑩

飲み物食べ物のストックを減らすことを嫌がる夫でも、さすがに嫌がることなく飲み物を差し出してくれたので、平和にストックを減らすことができた

 

 ラッキー⑪

高額な追い焚き機能付き給湯器を、自己負担なしで交換してもらえる

 

 

 

赤字に変換した部分は、

「掃除や片付けをしていたからこそ”ラッキー!”と思えた部分」で、

もし掃除したり片付いてなかったら、

同じことが起きても「ラッキー!」なんて思わなかったんじゃないかなと気づいたんです。

 

そして、赤字じゃない部分も、

モノが多く、掃除の行き届いていない部屋に住んでいたら、

ラッキー!とは思わなかったでしょう。

せっかく早く対応してもらったことも

「突然来ないでよ!困る!(;゚Д゚)」

「急に工事で人が来ることになるなんて困る!(;゚Д゚)」

と思っただろうし、

せっかく新しい給湯器に交換してもらうことも

「うれしいけど人が来るのは困る…片付けんといけないじゃん…(´Д⊂ヽ」

と複雑な気持ちになり、

簡単に「ラッキー!(´▽`)」なんて思えない。

 

※過去の私の経験より推測

 

 

また、夫のストックの飲み物食べ物も、一応私が賞味期限を適宜チェックしていて

(期限が近いものはダイニングや冷蔵庫にうつして夫に早く食べるようプレッシャーをかけていた

どんな商品があるかも把握できていたからこそ、

すぐに冷やしてお渡しすることができたとも言えますよね。

 

 

あと、不要なモノを捨てる経験を積めば積むほど

「自分の周りには充分に必要なモノで満たされていたんだ」

と実感します。

「足るを知る」を痛いほど感じます。

 

それを経験すると、

ほんとうに些細なことでも

「うわー!なんてありがたいことなんだ!私は幸せだなぁ( *´艸`)」

と思えるようになりました。

 

 

なので、今回の出来事も

 

以前の私なら

給湯器故障→交換の工事するとか、マジメンドー(;´Д`)

と思っていたと思うのですが、

 

今回は、

給湯器故障→新しいものに取り換えて頂いてめっちゃ感謝( *´艸`)

と、本当に自然に感謝の気持ちになりました。

 

夫やこどもにも「ラッキーだね!(´▽`)」と言いふらして回っています笑

 

 

 

 

以上のことから、

 

片付けや掃除をしていると

同じ事柄が起きても、ラッキー!と感じることが多くなる

     

すなわち、

 

片付けや掃除をしていると幸運が舞い込む

 

と言い換えることができるんじゃないでしょうか。

 

 

 

そんな気づきでした。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村