荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。夫、中学生と小学生の子供の4人家族。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

ブックオフで売れなかった絵本、フリマアプリで売れました

2023年の年末にぼちぼち進めていた捨て活。

www.ashitakirei.xyz

このとき持ち込んだ絵本の2冊に値段がつかず、持ち帰りました。

 

状態はとてもキレイなので、供給過多なのかな。

個人でフリマアプリに出してみて、それでも売れなかったら寄付してみよう。

 

そう思って出品したところ、

同じ絵本を出品している人がほかにもたくさんいて売れ残っている。

 

供給過多だねぇ…

いい絵本だけに買う人もたくさんいて、お子さんの適齢期過ぎて売る人もたくさんいるんだろうなぁ…

 

他の方よりもお安いお値段に設定して出品してから約1か月。

数日前にようやく購入されました。

 

なかなか売れないからさっさと出品取り消しにして寄付するか

と途中考えたりもしましたが、

帰省やら新学期の準備やらでバタバタしていて放置していたというのが正直なところ(;'∀')

 

結果的に収益は少額(送料差し引くと300円程度)ですが売れて良かったです。

 

 

 

 

フリマアプリを経験している人はわかると思うのですが、

モノの要・不要をチェックして

「これは不要!売ろう!」

と決断しても、売れるまで家にモノが滞在して

ちっとも部屋がスッキリしないんですよね。

 

要・不要の判断の結果

「使い切ってボロボロだー」

「人にはあげられる状態じゃない」

というモノはゴミ箱へと捨てられ、燃えるゴミの日には家からなくなります。

 

ですが、

フリマアプリや寄付などで誰かに譲る選択をしたモノたちは、しばらく部屋に滞在することが往々にしてある。

 

現在我が家も、せっかく年末に全出ししてモノの要・不要をチェックしたのに、部屋の一角が譲るモノで占拠されています。

モヤる…。

 

 

でもですね。

 

とにかく家からさっさと出してしまえ!

目の前からモノが消えて、はいスッキリ!

という、ちょっと乱暴な感じにも取れる手放し方は私の理想とはちがう。

 

 

我が家では不要になってしまったけれど、

まだまだ充分使えるモノだから、

次に誰かに使ってもらいたい。

次のあなたが使いやすいように

私の出来る限りメンテナンスや整えを施したのちにお届けしたい。

 

そんな気持ちなんですよね。

 

だから、結果的にスッキリするのが先延ばしになってもしょうがないかなと思っています。

 

 

……早くメンテナンスや整えをすればいいのでは?と思いますよね(笑)

 

わかっています、そうなんです。

譲るモノたちが私に

「早く整えてー!寄付に持って行ってー!」

と訴えかけてる。(妄想です)

 

絵本が売れてもう売るモノはないので、残りは寄付するモノばかり。

 

さっさと人に譲れるように準備しましょう!

 

 

 

 

*********************

 

ブログ村のランキングに参加しています。

↓のダンボールを押すとポイントが入ってushioが喜びます(´▽`)

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村