荷物を軽くしたい

転勤族、賃貸住まい。夫、中学生と小学生の子供の4人家族。引っ越しを楽にしたい&家事を手抜きしたいというズボラ心から物の取捨選択に励む記録。

久しぶりの帰省、新年の抱負

お正月、久しぶりに夫の実家に家族で帰省しました。

 

夫実家も自分の実家も、帰省すると忙しくて休む暇なく動き倒し、心も身体もぼろ雑巾のようにズタズタになって帰ってくるのが常。(もちろん帰ってからも忙しい日常が続いていく…)

今回も出発前は本当にイヤでイヤでしょうがなかったです。

 

ですが今回の帰省では、「ゆっくり座ってお茶を飲む」という時間を結婚して初めて持つことができました。

 

大人の手が必要で目が離せず混乱とパニックでしかなかった時間が、子どもたちの成長により大人は見守るだけでよくなり、お互いの意見を尊重することができるようになったことでケンカがぐんと減りました。「にぎやかなお正月」と微笑ましく感じるほどに。

お節やご馳走を3食分×十数人ずつ準備しつつ子どもたちの相手もしつつの激動のお正月、ではありませんでした。

 

お茶を飲みながら過去を思い返して

「長女が生まれてから15年のあいだ、嵐のような日々だった…よくがんばった自分…」

と泣きそうになりました。

 

 

 

 

年末、必死になって大掃除を仕上げました。

年内に掃除しなくても年は越せます。

罰ゲームがあるわけじゃなし。

無理してやらなくてもいい。

でも、今回はなんとか終わらせたかったんです。

帰省後自宅に戻ってきたとき、家がキレイだと心身の回復が早いから。

 

すみずみまで掃除をした部屋。

 

どこに何がどれくらいあるのかすべて把握できている部屋。

 

そんな部屋に帰ってくると、心底ホッとします。

 

部屋が片付いていると、荷物を解体してモノを元に戻し、通常モードにしていく作業がスムーズにすすむ。

ゆっくりと湯舟につかり、車内泊と塩分過多でパンパンに浮腫んだ足をマッサージ。

あっという間にリセット完了です。

 

帰宅した日に清掃の仕事にも行き、そのあと、年末大掃除のときに心に決めた「2024年は食品収納の引き出しの下をマメに掃除するぞ」をさっそく有言実行。(年始だけじゃなく、これからも続けましょう自分)

ホントに小さなことですが、これだけで心が整う。

 

2024年も、部屋を整え、自分を整えて過ごしたい。

平凡で平穏な日常に、感謝して過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

*********************

 

ブログ村のランキングに参加しています。

↓のダンボールを押すとポイントが入って

ushioが喜びます(´▽`)

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村